top of page
検索
  • sadayakkokakamigah

萬松園で、貞奴さんの美学に触れよう~和洋の交錯~

更新日:2023年6月20日


第2回貞奴芸術祭は、「萬松園編」と「映画編」です。

2023年8月7日(月)に開催する「萬松編」を紹介します。

国指定重要文化財「萬松園」を使用して行うため、定員が30名限定となっています。ニ度と巡ってこないプログラムですので、ぜひ、ご都合をつけておでかけください。


■タイトル

第2回貞奴芸術祭~萬松園編~

「貞奴さんの美学に触れる~和洋の交錯~」

■会場

迎賓館サクラヒルズ川上別荘「萬松園」

岐阜県各務原市鵜沼宝積寺町3-82-2 電話058-384-0700

■日時

2023年8月7日(月)12:30~15:40頃

※毎月7日は貞奴さんの月命日です

■定員

30名

■参加費

ひとり2000円(チケット発売 7月1日)

■プログラム

12:30 受付後、数名ずつ萬松園をガイド付きで見学

13:45 高北幸矢氏による貞奴さんについてのアートトーク(桐の間にて)

【高北 幸矢】

アーティスト&デザイナー

清須市はるひ美術館館長

愛知芸術文化協会理事長

名古屋造形大学学長を経て現在名誉教授

国内外において個展70回

都市景観、まちづくり、サイン計画などデザイン実績も多数。



15:00 ミニコンサート 各務原×茅ヶ崎(金光順子・清水友美 ほか)

【金光 順子】

創作オペラ「貞奴」プロジェクト代表のソプラノ歌手

武蔵野音楽大学声楽科卒業。

数々のオペラやミュージカルでタイトルロールを演じ、各種コンサート出演を行うほか、生涯学習にも積極的に貢献している

日本演奏連盟会員

名古屋演奏家ソサエティ会員


【清水 友美】

茅ヶ崎市出身のピアニスト・作曲家・ダンサー・女優。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。現代音楽を中心に活動し、世界初演も多く手がける。元・茅ヶ崎市「音貞オッペケ祭」実行委員。川上音二郎・貞奴の当時の脚本を用いた「正劇オセロ」「ヴェニスの商人」「ハムレット」「八十日間世界一週」「サロメ」復刻上演で劇中音楽を作曲。女優としても出演。オフィーリア等を演じた。音二郎や茅ヶ崎をテーマにしたピアノリサイタルも各地で開催。



■チケットはこちらから(7月1日発売)




※注意〈1〉

萬松園は国指定重要文化財です。建物を傷めないようご注意をお願いいたします。

保護のため、靴下の着用をお願いいたします。

また、和室での開催ですので、必要な方は予備の座布団をお持ちください。

なお、空調設備はありますが、大人数でのイベントのため、充分に室温が下げられない可能性もありますので、うちわや扇子、冷感グッズなどをお持ちになられることをお薦めいたします。


※注意〈2〉

すでに萬松園を見学したことがあるなど、室内見学が不要の方は、お申込みの際にその旨をお知らせください。




※この催しは、『各務原市まちづくり活動助成金』助成事業です。「地域文化レガシーの承継と新たなる挑戦2:第2回貞奴芸術祭(萬松園編と映画編)の開催」







※創作オペラ「貞奴」プロジェクトは、「清流の国ぎふ」文化祭2024に参加し、 恵那峡もみじ祭りで、恵那峡をバックに野外ミニコンサートを行います。

【11月10日(日)を予定】










閲覧数:304回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page